顔のツッパリ感と保湿クリーム

冬になると保湿クリームが手放せません。
夏場は肌のかさつきや乾燥をまったく感じないのですが秋から冬に近づき気温が15度以下になる頃から顔のツッパリ感が現れ始めます。
顔のツッパリ感が現れるとその対策としては化粧水を塗るようにしています。顔のツッパリ感を感じるようになって1、2週間経った頃からは今度はお風呂上がりに背中やお腹周りが痒くなってきます。それから次第に腕や足も乾燥してきて痒くなってきますのでそうなると保湿クリームを塗ることで乾燥を抑えてかゆみがなくなるようにしています。それからベッドルームでは加湿器を設置しています。やはり加湿器があるのとないのとでは肌の乾燥感がまったく違ってきます。また、私は職場までバイクで通勤をしているのですが冬のバイク通勤は過酷です。
上半身は薄手のダウンベストや厚手のダウンジャケットなどを何枚も重ね着することで寒さをしのぐことができるのですが手と足の指先はいくら防寒対策をしても寒さに抗する事はできず職場に着いた時には指先はかじかんでおり肌も乾燥しています。さらに私は福祉系の仕事をしていて体力が低下して免疫力も弱まっておりウイルスや細菌への感染リスクが高いお年寄りを対象にした業務をしているため感染予防のために1日に何度も手洗いを行っています。多い時には勤務時間に10回以上手を洗うこともあります。そうすると当然ながら手の脂分は抜けてしまいカサカサになってしまいますので保湿クリームが手放せません。

保湿クリームで乾燥改善

保湿クリームが必要な冬です

保湿クリームを選ぶのです

毎年のように新しい保湿クリームが発売されるので、その都度いいのはないか探すのですが、これがまたいいのがたくさんあるんです。
コラーゲンやヒアルロン酸もいいですが、個人的にはヒト型セラミドがいいかなと思ってます。ヒトの肌と同じ構造だとか聞いたことがあります。でもそれでも種類が多いので信頼できるのを探すことになるんですね。
何をもって信頼できるかというと、そりゃメーカーの名前を聞いたことがあるとか、成分について詳しく書かれてるかどかとかいろいろあるんです。
でもこうやって迷うのも冬の楽しみでもあります。でもあまりにも痒いとそれどころではありませんけどね。

ページトップへ