ターンオーバーとピーリング

そもそもピーリングをする目的ですが、ターンオーバーというものが関係しています。ターンオーバーとはよく聞く言葉ですが、肌というのは約28日程度で表皮が生まれ変わるといわれています。表皮細胞が生まれ変わるので肌に出来た傷なんかも跡が残りません。問題は年齢とともにサイクルが落ちてくるようです。つまり加齢とともに遅くなるということです。なので、傷が治るのにも時間がかかります。古くなった角質がどかないわけなんですね。なので、その古い角質を早く取り除いてしまおうというのがピーリングなわけです。ピーリングの効果としては、ターンオーバーを促進し、シミやニキビへの対策、コラーゲンへの作用などのようです。もちろん人により個人差があるでしょうし、するタイミングも肌の質により違うといいます。手軽に買えるピーリング石鹸やジェルなどもありますが、週に1~2回程度の使用を謳う商品もあれば、毎日使っても大丈夫というものもあります。そもそもこの使用頻度については肌の強さ、敏感肌などを考慮するべきかと思いますので、自分の肌の状態を知る必要があります。何となく自分は敏感肌、強い肌という感覚がありますが、一度皮膚科などで相談するというのも一つかと思います。ただ時間的に余裕がない場合は口コミなどで同じような状態の人の意見を見るというのもいいと思いますが。

ページトップへ